読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書肆短評

本と映像の短評・思考素材置き場

C88参加・寄稿状況報告 +『アニメクリティーク vol.2.5 特集「蟲・生物・人工物」/アニメにおける〈音〉』原稿募集について #C88

来たるC88につき、Nag名義では、下記のとおりの参加状況となっております。

(1)新刊:アニメクリティーク刊行会『アニクリ vol.2.5』編集・DTP (※ 下記)

(2)新刊:M.O.M.発行準備組合『Fani通2014下半期』寄稿 (※ユリ熊嵐蟲師、四月は君の嘘については、やや長文)

(3)新刊:羽海野渉さん『PRANK! vol.1 ノイタミナ10周年評論集』DTP担当

足を運ばれた際には、是非、お手にとってご覧くだされば幸いです。

 

 

以下掲題にもあります(1)『アニクリ vol.2.5』の内容・原稿募集要項について、アニクリ公式 と合わせて、告知いたします。

※下の挿絵はあめいも先生にお願いしました。

 

f:id:Nag_N:20150718233644p:plain

f:id:Nag_N:20150718233818p:plain

目下原稿募集中ですので、ぜひ参加表明・一報ください。

 

※7/7(火)追記:なお、『響け!ユーフォニアム』は非常に評判がよかったこともあり、原稿の集まり方次第では、二部の半分ほどを割いて特集にすることも検討しています。

※ 7/7(火)追記:参考文献一覧を追加しました。

 

 ----

 

@nag_nayです。C88に当選したことを受け、掲題のとおり告知いたします。


1、企画概要・原稿募集

来る8月開催のC88における頒布を目指しまして、アニメ評論誌として刊行してきました
・『アニメクリティーク vol.1 特集 岡田麿里 「物語の終わり」/ゴースト』
・『アニメクリティーク vol.2 特集 虚淵玄 /〈彼方〉の思考 』
に引き続き、
・『アニメクリティーク vol.2.5 特集 「蟲・生物・人工物」/アニメにおける〈音〉』(仮)
の発刊を以下のとおり企画いたします。
主たる企画立案・編集・作業担当は、@nag_nay + @yopinari となります。

つきましては、以下のとおり原稿募集をさせていただきます。
日程が差し迫っており申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

(1)募集原稿:

 アニメ作品のうち、「蟲・生物・人工物」、または、アニメにおける〈音〉に絡めて論じられるもの。二つの特集を接続するものも可(むしろ推奨)です。ジャンルとしては伝奇やSFを包含するスペキュレイティブ・フィクション一般で、特段の限定はありません。

 対象作品の限定も同じくありませんが、主として考えている例は以下のとおりです。
【特集1の例】
 ・蟲師(劇場版含む)、攻殻機動隊(劇場版含む)、シドニアの騎士イヴの時間(など、人間/非人間、生物/非生物の間を問うもの。主体の拡張、リダクションを伴うもの)

 ・純潔のマリア、プラネテスコードギアスガンソード(など谷口悟朗作品とか)
 ・スペース☆ダンデイ(などメタフィクションもの)
 ・凪のあすから(など自然描写に妙のあるもの)
  etc…
【特集2の例】
 ・響け!ユーフォニアム(など、音響監督に注目すると鶴岡陽太関連作品とか)
 ・四月は君の嘘、坂道のアポロンTARI TARI(などいわゆる音楽アニメ)
  etc…

 
(2)装丁など

 オフセット印刷、A4、80頁程度で企画しています。


(3)募集原稿様式

a. 文字数:
 ①論評・批評 : 3000字程度から15000字まで。
 ②作品紹介・コラム: 800字程度から2400字まで。

b. 形式
 .txt または .doc

c. 締め切り
 7/15(水) ※ 校正期間が短くなりますが、若干のばすことは可能です。ご相談ください。

d. 送り先
 anime_critique@yahoo.co.jp
 ※ 参加可能性がありましたら、あらかじめご連絡いただけましたら幸いです。その際、書きたい作品、テーマ、内容についてお知らせくださると、なお助かります。
 ※ 原稿内容について、編集とのやりとりが発生することにつき、ご了承ください。

(4)進呈

寄稿いただいた方には、新刊本誌を進呈(※ 進呈冊数は2を予定)させていただきます。

 

(5)参考図書一覧

 ざっくり編集側で読みつつ、全体方針として参考にしようと思っている書籍を、軽いものから重たいものまで置いておきます。挙げられているものの他、おすすめ書籍などありましたら、ぜひ @nag_nay までご連絡ください。

 また余力があれば、オフセットの本誌『アニクリ vol.2.5』刊行にあわせ、ここ1年くらいで刊行されたアニメにおける〈音〉に関わる書籍レビュー本作成も検討中です。

① 第一部

 人工知能は人間を超えるか(松尾 豊)
 記号創発ロボティクス(谷口忠大)
 ぼくらが原子の集まりなら、なぜ痛みや悲しみを感じるのだろう(鈴木 貴之)
 事実・虚構・予言(グッドマン)
 世界の複数性について(ルイス)
 瓦解した世界への倫理(マルガン)
 断片化する理性(スティッチ)
 神から可能世界へ(八木沢敬)
 可能世界・人工知能・物語理論(ライアン)
 動物を追う、ゆえに私は〈動物で〉ある(デリダ
 理不尽な進化(吉川浩満
 マクロ進化と全生物の系統分類
 獣と主権者(デリダ

② 第二部

 瞬間と永遠 ジル・ドゥルーズの時間論(檜垣立哉
 シネマ(ドゥルーズ
 生態学的知覚システム(ギブソン
 ベルクソン=時間と空間の哲学(中村昇)
 意識に直接与えられたものについての試論(ベルクソン
 マインド・タイム(リベット)
 音響メディア史(谷口文和)
 Sound Design(ゾンネンシャイン)
 視聴覚融合の科学 (日本音響学会 編)
 コンサートホールの科学(日本音響学会 編)
 音楽はなぜ心に響くのか(日本音響学会 編)
 セミオトポス10 音楽が終わる時(日本記号学会 編)
 音と時間(日本音響学会 編)(※近刊)

 

2、その他、C88についてのご意見募集

既刊については『vol.2.0 虚淵玄2008−2014、〈彼方〉の思考』につき、再頒布を予定しています。
その他、以下の再販、
・『vol.1.1 劇場版まどか☆マギカ 最速レビュー』
・『vol.2.1 楽園追放 最速レビュー』
これらに準じるコピー本を作成するかも検討中です。
折しも細田監督の新作公開も近いことから、
「こういうのをあつかってほしい」など声がありましたら、是非お寄せください。

以上、どうぞ宜しくお願い致します。